top of page
  • 執筆者の写真鈴木誠一郎

「理屈」だけで人は動かない

コロナ禍で世の中は大変な状況にありますが、一方で、今日の社会は実にあらゆるモノや情報が巷にあふれている時代ですね。そのような生活の中で、私たちは、いつしか「モノ」を求めるというよりも、「気持ちの充足感」を求めるようになっているということを最近改めて感じています。

私が新入社員だった数十年前は、私は「お金」のために仕事をしていました。ところが、今日では若い人たちの価値観も大きく変化しています。「仕事を通じて自己成長したい」、「一生役に立つ専門知識やスキルを身につけたい」「自分を認めてほしい」・・。

つまり、今日の若い方々は、マズローの欲求5段階説でいえば、私の新人時代よりも、ずっと高いレベルの「肯定欲求」や「自己実現欲求」が強くなっているということです。

 同時に、今日の若い方々は、絶えず社内外環境を見て感じている中で、会社で毎日上司の言うことを聞いたからといって自分の将来が約束されたものでは無いという状況にあることを感じています。つまり、上司に対しての感覚が、私の新人時代とは大きく異なっていると思います。生活の中に占める会社の割合が私の頃よりも縮小しているように感じます。

ところが、現在、多くの管理職ポジションにある方々は、現に組織上の上位ポストであることから、自分の指示命令で部下は動くと考えがちです。それもある意味、仕方がありません。自分たち管理職は、新人時代から上司からの指示命令を忠実に遂行することで生きてきたからです。また、それが組織だからであり、「理屈」であるからです。いわば過去の時代においては、十分に「理屈」が機能し、「理屈」で十分に私たち社員は動いたのです。

 今日感じるのは、単に「理屈」だけでは、上司の思う通り部下は動かなくなっているということです。もちろん仕事を進める上で「理屈」は大変重要です。指示命令にロジックは不可欠です。でも、たとえ「理屈」が素晴らしいものであっても、「理屈」だけでは、今の部下が無条件に動くことに対する動機不足なのです。

現在の上司が新人時代にあっては、仕事ができる上司は部下から尊敬されていました。精緻なロジックに基づいた指示に、私などは尊敬しかありませんでした。今では、素晴らしく頭脳明晰な上司であっても、単に仕事だけできる上司に対しては、部下は大きな魅力を感じなくなっているのだと思います。

部下の仕事や会社に求める「欲求レベル」が高くなっていることから、上司に求めるものが、より深くなっていると私は考えています。仕事ができても、人間的に魅力的かどうかを含めて全人格的に見ているのだと思います。

今日における理想の上司像としては、仕事ができるだけではなく人としての魅力が必要になっているのだと思います。それは、部下からすると、目の前の上司が、将来の自分自身の姿になり得るからです。仕事だけでなく人間的にも魅力的な上司のもとでこそ、自分も成長できると考えているのだと思います。

では魅力が必要といっても、どのような上司であるならば部下は動くのでしょうか? それは例えば、上司自身が自分の目標に向かって努力している、仕事だけでなく私生活でも十分人生を楽しんでいる、社外でボランティア活動に注力している、社外で趣味や専門分野の研究会活動をしている等であり、また会社においては、部下一人ひとりの成長を心から望み良きアドバイスをくれる、会社の目標と個々人の目標をつなげてくれるような納得性のある説明をしてくれる、いつもオープンで朗らかで話しやすい、例えば、このような人間像だと思います。

少なくとも、部下からみて上司自ら魅力的な人間に「なる努力」を、常に行っているということが見える上司だと思います。もちろん、口で言うほど簡単なことではありません。私自身、たくさん反省し思いを新たにしなければならないことばかりです。しかし、この努力は上司本人にとっても自身の成長の種になるものだと思います。

加えて、部下の「自己肯定感を強化」してあげられる上司であれば素晴らしいと思います。職場では部下も色々な悩みを持ちながら仕事をしているものです。いつも明るく元気でいられるものではありません。落ち込むこともあるものです。そんな時にそっと見守るという方法もありますが、一歩進んで、気遣いつつ声をかけたり、課題解決について壁打ち相手になってあげたりすることも、悩む本人にとっては大きな救いになると私は考えます。

やがて、部下が自信を取り戻していくことを見とどける姿勢を持っていることも、部下からみれば魅力的な上司に映ると思います。

私自身も含め、普段から心掛けたいのは、何らかの自分なりの努力を日々こなしていくという愚直な姿勢こそが周囲に対する無言の影響力に関係してくるのだと思います。私自身もこのような人間像を目指していきたいと思う次第です。

Comments


bottom of page