top of page
  • 執筆者の写真鈴木誠一郎

企業コンサルティングの実際1




実際に企業にコンサルタントとして関わっていくことになった場合、まず行うのが企業の「現状分析」です。外部の目から客観的に観察し分析して報告します。的確な方策を実施していくには的確な課題や問題点を把握する必要があります。企業コンサルティングにおいて現状分析が100%できれば80%成功したも同じと言われるくらいです。現状分析は層別ヒアリングといくつかのアセスメントを使用します。私の場合、ヒアリング用にその業界業種に合わせた質問を数十から数百を作成した上で行っています。













Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page